薄毛改善対策TOP > シャンプー選びで薄毛改善 > リンス・コンディショナー

リンス・コンディショナーについて

 
頭皮の余分な皮脂や汚れを落とすためには、アルカリ性のシャンプーの方がしっかりと落ちます。でも、髪の毛の表面を覆っているキューティクルは、アルカリ性に傾くと開く性質のため、キューティクル同士が引っかかって、髪の毛がきしんだ状態になります。

きしんだ状態の髪の毛だと、頭皮にも髪の毛にも負担が多くなります。
ですから、必ずリンスやコンディショナーを一緒に使用することが大事です。

リンスやコンディショナーは髪を洗ったときに取り除かれた油分を補って、開いたキューティクルを元に戻す効果があります。そして髪の毛の表面に皮膜をつくり、髪を保護します。
リンスやコンディショナーを使うことで髪につやを与え、静電気を防ぎますから、ブラッシングが楽になります。

一つだけ気をつけなければならないのは、リンスやコンディショナーを直接頭皮につけないようにしなければなりません。その上で、十分にすすぎましょう。
リンスやコンディショナーの油分が頭皮に付着したままだと、頭皮が皮膚呼吸できなくなるため、発毛の邪魔となります。


 

シャンプー選びで薄毛改善記事一覧

薄毛改善の為のシャンプー

今使っているシャンプーは、どのようにして選びましたか?値段ですか?使用目的ですか?匂いですか?それともTVCMイメージですか?シャンプーの元々の目的は、頭皮の余分な皮脂...

リンス・コンディショナー

頭皮の余分な皮脂や汚れを落とすためには、アルカリ性のシャンプーの方がしっかりと落ちます。でも、髪の毛の表面を覆っているキューティクルは、アルカリ性に傾くと開く性質のため、キューティ...

フケ用シャンプー

フケとはいったい何なのか?フケは古くなった角質が頭皮から剥がれ落ちたもの、分かりやすく言えば頭皮の垢なんです。身体から垢が出るのと同じように、頭皮も新陳代謝を繰り返すことで、常に新...

育毛シャンプー

多くの育毛シャンプーは、頭皮をしっかりと洗いあげることをメリットとしていますが、実は、余分な皮脂だけではなく、必要な皮脂までも取ってしまうほどの強い洗浄力と殺菌力を持っています。 ...


 
インターネット社会 inserted by FC2 system