薄毛改善対策TOP > 薄毛対策シャンプー術 > 薄毛予防の為の洗い方

薄毛予防の為の洗い方について

 
●ブラッシングで、頭皮の汚れ・フケを浮き上がらせましょう
ブラッシングをすることにより、汚れが浮き上がり落ちやすくなります。
また、髪の毛の縺れをとってあげることで、シャンプーの時の髪の毛の摩擦によるダメージを減らすことができます。

●38〜40度位の温めのお湯で、髪と頭皮をしっかり濡らしましょう
熱いお湯は、頭皮を痛めてしまいますからやめましょう。
そして、しっかり濡らさないでシャンプーをつけると、泡立ちが悪くなり汚れが落ちにくく、髪の毛が摩擦によって傷つきやすくなります。

●シャンプーは掌に適量とって、お湯を少し混ぜながら掌で泡立てましょう
シャンプーをそのまま頭皮につけると、つけた部分の頭皮が強い刺激を受けてしまいます。
そして、髪の毛につけてから泡立てると髪の毛に強い摩擦が起きるため、髪の毛も頭皮も傷めてしまいます。

●毛穴の汚れを浮き上がらせるように、頭皮のマッサージをする気持ちで、柔らかく指の腹で洗いましょう
ツメを立ててかきむしったり、ブラシを使って力一杯こすると、頭皮を傷つけてしまいます。

●酷い汚れで、泡立ちが悪い時は二度洗いしましょう
と言っても、乾燥肌の人はやめましょう。それと脂性の方でも、毎日の2度洗いはやめましょう。
そのわけは、頭皮の皮脂を取り過ぎると、身体は足りないものを補おうとするので、逆に皮脂が出すぎてしまうからです。

●お湯はたっぷり使い、十分に時間をかけてすすぎましょう
泡がなくなっても、頭皮にシャンプーが残っている場合があります。
そのままにしておくと、頭皮からシャンプー液が浸透して抜け毛を引き起こす原因となりますから注意してください。

●シャンプー後にリンスやコンディショナーを使いましょう
リンスは髪の毛だけにつけるようにして、頭皮にはできるだけつかないようにします。
リンスもすすぎ残しがあると、頭皮から浸透して抜け毛の原因となりますから、十分にすすぎましょう。

●シャンプーの後は、柔らかく、タオルで水分を拭き取り、しっかりと乾かしましょう
必要ならば、ドライヤーを使っても構いません。
髪の毛を生乾きのままにしておくと、雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮の水分が蒸発してしまい、頭皮が乾燥しやすくなります。



 

薄毛対策シャンプー術記事一覧

知らず知らずに薄毛を進めている洗い方

あなたの普段の髪の毛の洗い方はどんな感じですか?下記の項目をチェックしてみましょう。●熱いお湯で洗う ●髪はシャンプー前に少し濡らすだけ ●シャンプー原液をその...

薄毛予防の為の洗い方

●ブラッシングで、頭皮の汚れ・フケを浮き上がらせましょう ブラッシングをすることにより、汚れが浮き上がり落ちやすくなります。また、髪の毛の縺れをとってあげることで、シャンプ...


 
インターネット社会 inserted by FC2 system